AEAセッション—ドラムソロ

現在、N8を紹介する音源と動画の準備に取り組んでいます。そしてAEAの業界進出50周年記念として新たに「AEAセッション」という名の演奏動画シリーズをスタートしました。これらの動画の目的は、才能の溢れたミュージシャンの演奏を最小限のマイキングでとらえるというものです。N8を使用して録音されたドラムソロ、チェロ、そしてフィドルを是非ご覧ください。

AEA Sessions - Drum Solo - Drums (AEA N8) - www.youtu.be/t9MbuIKa4xo

AEA Sessions - Sailors Song - Cello (AEA N8)  - www.youtu.be/Xtb-Hqu2dgA

AEA Sessions - Fiddle Medley - Violin (AEA N8) - www.youtu.be/4wIwdMoGWhs

 

プレイリスト: http://youtu.be/t9MbuIKa4xo?list=PLivIhu1vXHYLMi2EWCEoeku2UQusAdp2m

2014年11月例会お知らせ

例会担当よりAES日本支部「11月例会」のお知らせです。
今回の例会ではAudio Enginnering Association社の創始者Wes Dooley氏によるリボン・マイクロフォン・テクニカル・プレゼンテーション実施します。
Wes Dooleyは、1960年代にBBC4038やRCAマイクロフォンのサービスをする傍ら、みずからヨーロッパ、アフリカ、ニュージーランドで多くのレコーディングの経験を積み、そこから生まれたマイクアレイ等のレコーディングエンジニアにとって有用な様々なツールを考案してきました。その後1990年代になり、それまでのリボンマイクとそのレコーディングの知識に基づいたオリジナルのリボンマイクを開発し、以後20年近くリボンマイクを作り続けています。また、Wes Dooleyは、50年にわたってAES(Audio Engineering Society)メンバーとしてオーディオ業界へ貢献し続け、学生部門への教育にいそしんできました。1983-1985年にLA Regional Vice Presidentを努め2001年にはAES Fellowに選ばれています。現在も米国AESの主要メンバーの一人として世界各地のカンファレンスで発表を行い、活発な活動をしています。今回の例会では氏によるリボン・マイクロフォンの原理、製作、歴史、コンデンサーマイクロフォンとの比較をプレゼン頂きます。是非ご参加下さい!!

【テーマ】
「リボン・マイクロフォンの動作原理と構造、その歴史について」

【講演者】
Wes Dooley(米国 Audio Engineering Association 社代表)

【開催日時】
2014年11月24日(月曜日)
集合15:45~    講演開始5分前までにはお入りください。
・16:00~18:00 /講演
・18:30~    /ソーシャルアワー 会費 お一人様 4,000円(予定)

【例会参加費】
AES会員:無料 / 一般:1,000円

【例会会場(集合場所)】
株式会社メディア・インテグレーション セミナールーム
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-8 神南渡辺ビル2Fl

【ソーシャルアワー会場】
会場近辺のお店を検討しております。

【参加申込、定員】
11月23日(日)までに、https://ws.formzu.net/fgen/S44884080/より以下を入力してく
ださい。
・    お名前、所属、連絡先メールアドレス
・    ソーシャルアワーの出欠
・    AES会員番号(会員の方は必須)
会場の都合により、定員を先着25名様とさせて頂きます。
ご理解の程宜しくお願い致します。
(締切以降のソーシャルアワーキャンセル時は大変お手数ですが(reikai@aes-japan.org)までご連絡をお願い致します。前日以降のキャンセルは会費のご負担をお願いいたします。)
以上、皆様のご参加をお待ちしております。

AES日本支部 / 例会担当 :岡田 詞朗
※当日のご連絡は岡田携帯090-1818-4679までお願い致します。