AEAの歴史

wesdooley

1976年AEAは、リボンマイクの修繕業務を開始、1998年にはRCA 44の全パーツを自社生産するまで達し、弊社オリジナルのリボンマイク開発を始めました。これが、RCAの伝統を引き継ぐ、暖かいクラシックリボンサウンドに近代的な高音質を兼ね揃えた、最高質リボンマイクの歴史の始まりでした。

AEA製品を所有するということは、マイクロフォンに対してあなたが真剣であるということの証拠であり、あなたが音楽を愛するのと同じように愛情を込めて創られた機材を使いたいということです。AEA製のマイクロフォンやプリアンプは、ミュージシャンとして、芸術に対してあなたがつぎ込む努力に応えてくれる製品です。それはあなたのレスポールギターに秘められたその伝統的な芸術家、職人の魂の象徴そのものです。AEA製品は、あなたのこれまでのセッションに対しての純粋な思い入れを鮮明に映し出す鏡のような存在となるでしょう。

全てのAEA製品は細部までこだわって作られ、真剣なミュージシャンやエンジニアのために設計されています。AEAは、カリフォルニア州、パサデナを拠点とする家族経営の会社です。Wes Dooleyと同僚のBob Gerbracht(ボブ・ゲルブラチト)が1964年に創業し、それ以来AEAは、真のミュージシャンとパフォーマンスに対しての情熱が究極のレコーディングを生み出すことを信じ、そういった根本的な要素をとり逃さないプロフェッショナルの機材を開発することを使命としてきました。

1976年、General Electric社がRCAを買収した後、マイクロフォン部門を閉鎖し、AEAは、Wesが友人のWally Heider(ワリー・ハイダー)やDick Knoppow(ディック・ノッパウ)から多くの知識を得た、その伝説的なリボンマイクの修繕作業に着手しました。アイコニックな44型のマイクの再生産に成功してから今日まで、RCAの伝統を引き継ぎリボンマイクの生産を続けてきました。AEAは、サウンドの忠実性に対して真剣に取り組み、リボンマイクの最高のポテンシャルを引き出すためにその課題に対して真っ向から向き合いっています。

全ての製品はアメリカで、人の手によって生産されています。

1976年、General Electric社がRCAを買収した後、マイクロフォン部門を閉鎖し、AEAは、Wesが友人のWally Heider(ワリー・ハイダー)やDick Knoppow(ディック・ノッパウ)から多くの知識を得た、その伝説的なリボンマイクの修繕作業に着手しました。アイコニックな44型のマイクの再生産に成功してから今日まで、RCAの伝統を引き継ぎリボンマイクの生産を続けてきました。AEAは、サウンドの忠実性に対して真剣に取り組み、リボンマイクの最高のポテンシャルを引き出すためにその課題に対して真っ向から向き合いっています。


全ての製品はアメリカで、人の手によって生産されています。