RPQ500.jpg

万能マイクプリアンプの500シリーズ

RPQ500_3.jpg

RPQ500

万能なマイクプリアンプの500番台

 

    1チャンネル、マイク用81dB静音JFETゲイン技術採用

    高音域、低音域の近接効果コントロールCurve Shaper EQ採用

    マイク、ライン入力による機能性の高いミックスダウンEQ

    切替可能なファンタム電源、極性、EQ

 

 

汎用性の高いマイクプリの500番台シリーズ

RPQ500は、好評をいただいたRPQプリアンプを元に設計され、AEA製プリアンプの評判を築き上げたとてもクリーンで、ハイゲインのシグナルパスに、新たに500番台の要素を含めて提供します。JFET回路に組み込まれた位相技術は、お使いのマイクが捉えることのできるすべてのダイナミクス、サブウーファー低音、そして素早いトランジェントに対応します。またNoLoad™の10KΩを超える入力インピーダンスは、マイクに処理負荷を与えず、そのままの音を録音することができます。Low Energy Storage™の設計は、ダイナミクスの広いパフォーマンスのオーバーロードからも即座に回復します。CurveShaper™を搭載した従来のRPQは、リボンマイク(ビンテージ、モダン、パッシブ、ファントム関わらず)のきめ細かいニュアンスすべてを捉えるように設計されました。さらに、エンジニアの声により、RPQはムービングコイル式や、コンデンサーマイクとも相性が良いことがわかりました。その優れた音質と汎用性から、VPR AllianceはAEAのRPQ500を、本来の純粋なシグナルパスが求められる環境においてすべてのマイクロフォンに対して最適な選択、と認めます。

 

 一人二役:マイクプリアンプ、内蔵EQ

CurveShaper™が実現する高音域フィルターブーストは、ソース音源の高音域にさらなる伸びと空気感を加えます。この設計は、一見標準的なパラメティックシェルフブーストの様な役割のようですが、さらにCurveShaper™とHF Gainを調整すると同時にスロープが変化するといった特徴を持ちます。このとてもユニークなベルカーブは、一般的なリボンマイクに生じる高音域のロールオフを補うために設計されました。さらに、リボンマイクの領域からはみ出し、HF Filterを使用すると距離が遠く設置されたコンデンサーマイクの輪郭をはっきりさせることや、とても「ドライ」なアコースティック環境に存在感を引き立たせること、また2-busにクリーンで透明感のあるエアバンドブーストを加えることなどができます。

CurveShaper™の低音域コントロールを使えば、とても簡単に低音域特有のこもり感を取り除くことができます。リボンマイクの低音は、力強いサブウーファーや、大幅な近接効果を発することがあります。そのような低音域は、高音域のクリアさを損なってしまうことがありますが、LF filterを使うことによって低音域の力を適正なレベルに制御することができます。また-20dBのシェルビングカーブは余分な近接効果を和らげることに最適であり、リボンマイクを近い距離で利用するにあたって新たな可能性をもたらします。

音を指先で操る

ミキシングコンソールがコントロールルームから姿を消し始めた現代的なスタジオでは、専用のプリアンプがあることで高音質のフロントエンドが保証され、後ほどミックスの中で修正せずにトラッキングの段階で一番重要な判断を下すことが可能となります。RPQ500は、API500対応のラックで使える作業場となります。Line/Micスイッチを使えば、マイクロフォンゲインをバイパスすることができ、EQのトラッキングや、別のプリアンプ、またはミックスダウン時にも使用することができます。さらにアウトプットレベルコントロールを加えれば、RPQ500は高音質プロセッサーツールとなり、サミングラックやPurple Audio Moiyn、Roll Music Folcromのようなミキサーと組み合わせることで、ミキシングやマスタリングに使用することができます。


仕様

  • ゲイン1kHz地点:マイク入力モードのバランスインからバランスアウトまで1kHzあたりのゲイン81dB
  • 騒音レベル:rms A特性
  • EIN: < -130 dBu A-weighted, 150 Ohm resistive source
  • 周波数域: -3dB < 1Hz and > 100 kHz
  • THD: < 0.02% at 1 kHz
  • 入力インピーダンス: 10K Ohms
  • 入力ゲインコントロール:入力から出力ラインドライバーまで+7dBから+56dBまで12段階のプリアンプ回路内ゲインスイッチ
  • ローカットフィルターr: -3 dB (18 Hz 縲鰀 360 Hz) 最大-20 dB
  • CurveShaper ™ EQ: + 3dB (2.1 kHz 縲鰀 26 kHz) HF gain (+0 dB 縲鰀 +18 dB)
  • 600ΩロードXLR出力最大:+28dBu、バランス0dBu = 0.7746V rms
  • XLR接続極性:1番アース、2番ハイ、3番ロー
  • LED信号インジケーター:-6dBu緑点灯、+23dBu赤点灯、-3dBuから+20dBuまで黄点灯(値に応じて輝度が変わる)

寸法

  • 大きさ:本体亜鉛メッキのスチール製、0.3175cmの陽極酸化アルミフロントパネル(ノブやスイッチ等を除く)寸法3.8センチ x 17.27センチ x 11.43センチ
  • 重量: 0.33 kg

試聴