オリジナルリボン・プリアンプ

TRP-Front.jpg

TRP

パッシブリボン、チューブ、可動コイルマイク用2チャンネルプリアンプ

・    2チャンネル、マイク用83dB静音JFETゲイン技術採用

    パッシブリボン、チューブ、可動コイルマイクに最適

    No Load DCカプリング設計、低音レスポンス向上

    極性反転、ハイパスフィルター切替可能

 

 

オリジナルリボン・プリアンプ

TRP(The Ribbon Pre)は、Fred Forssell(フレッド・フォーセル)氏が設計したウルトラハイゲイン、ハイインピーダンス、最小パスのFETマイクロフォンプリアンプです。多くのプリアンプがコンデンサーマイク指向に設計されている中、リボンマイクのニーズに応える新たなプリアンプのかたちを求め、AEAはTRPを開発しました。

JFETのユニークなフロントエンドは、83dBのゲインを有します。このゲインは可能な限り静音であるよう設計され、低感度マイクを使用するエンジニアの選択肢を増やすために開発されました。ファンタム電源を搭載せずに外部電源駆動にすることで、最小限のパスを構築し、超低音域までもパッシブリボンマイクの純粋なトーンを捉えることのできるプリアンプが完成しました。そして、TRPの非常に高い入力インピーダンス値によってプリアンプロードを一切無くし、パッシブマイクや可動コイルマイクの最大限のパフォーマンスが保証されます。TRPはファンタム電源を一切必要としない全てのリボン、チューブ、そして可動コイルマイクのための透き通る様なシグナルパスを実現し、大変コストパフォーマンスの高い、最上級のソリューションです。

 

コンパクトなプロ機材

ハーフラックサイズというコンパクトな外観を持ちながらも、TRPはプロのレコーディングに必要不可欠な機能をいくつも揃えています。この2チャンネル(デュアルモノ)プリアンプは、入力ゲインコントロールと出力レベルコントロールが可能です。入力ゲインは12段階の設定が可能なハイグレードGrayhillスイッチにより操作できます。また、出力段階でさらにゲインが21dB上乗せされ、これもフェーダーで操作可能です。出力フェーダーはクリック音を出さずに録音中瞬時にゲイン操作が可能であり、さらにフェードアウトやミュートなどの応用ができます。

プロ仕様のNeutrik 3-pin XLRアウトとTRSアウトは、同時にバランスとアンバランス出力を可能とさせ、TRPの信号を異なる2つのデバイスに並行して送り流すことができます。ライブ録音の場合は、バランス出力をミキサーへ通し、アンバランスTRSを録音機やDAWインターフェイスへ流し込むなど、応用の仕方は様々です。
さらにTRPは、レコーディングを通して最適な極性の選択が可能となる極性反転切替機能と、100Hz各チャンネルオクターブ毎12dBのハイパスフィルター(HPF)の切替機能を持ちます。内部でのオーディオスイッチングはゴールドコンタクトのリレーにより構築され、最高質のサウンドのためにシンプルなオーディオパスを保ちます。

 

インピーダンス・マッチング

パッシブマイクは、リボンマイクや可動コイル変換機のように、プリアンプの入力インピーダンスと相互作用します。プリアンプの入力インピーダンスが低すぎると、マイクからの信号が通るのには余計な処理能力が必要となり、さらに帯域幅(特に低音部分)が制限されてしまいます。

最適な入力作用のために、プリアンプの入力インピーダンスは、マイクの出力インピーダンスの5倍である必要があります。平均的なマイクのインピーダンス値はおよそ200Ω、つまり理想のプリアンプインピーダンス値はおよそ1.0から1.5kΩの間のものとなります。

しかし、特にリボンマイクなどのパッシブマイクの出力インピーダンスは低音が盛り上がれば盛り上がるほど、最大で1000Ωに達する場合があり、低インピーダンスのプリアンプと組み合せた場合6dBものゲインをロスしてしまいます。つまり、純粋にパッシブリボンや可動コイルマイクに最適なプリアンプとは、一般的な1.0~1.5kΩより遥かに高いものが理想となります。
これらの理由で、AEA製プリアンプは全て、最低でも入力インピーダンス値が10kΩとなっています。低インピーダンスのプリアンプを使用した場合に生じるマイクロフォンロードは、結果的に個性的な録音を生み出すかもしれませんが、AEAプリアンプに搭載されたNoLoad入力は、全ての帯域幅で感度の高いパフォーマンスを保証します。


仕様

  • ゲイン1kHz地点:マイク入力モードのバランスインからバランスアウトまで1kHzあたりのゲイン83dB
  • 騒音レベル:-130 EIN noise figure
  • dB at 300 kHz: -3 dB
  • 入力インピーダンス: 18 kΩ
  • いいえファンタム電源ません
  • LED信号インジケーター: 緑点灯 、赤点灯
  • バランスXLR: バランスXLR+ 4dBuの、アンバランス1/4インチ-10 dBVの出力

外部仕様

  • スイッチト·ゲインと連続レベルコントロール

  • 位相反転ハイパススイッチ

  • アルマイト処理グレーと黒のつや消しアルミニウムを

  • レーザー刻ま伝説や単線回路図

  • 最小ノイズ用の外部電源供給

寸法

  • 大きさ: 高ハーフラック幅の、1ラックユニット(シャーシは4.3高により、36.7センチメートル広い&深い)

  • 重量: シャーシは0.9キロで、電源は0.7キロです

試聴